A Winter Journey

冬の旅
私は日本人なら誰もが共感する、冬 北 旅 の三つのキイワードを使い、日本人の心の中にある普遍的なストーリーを描きたかった。
それはラブストーリーである。
最初にイメージとしてあったのは、女性が雪の中をどこまでも歩いているシーンだ。
舞台は雪深い日本海だ。移動は列車でなければいけない。
服は黒にした。黒い服は喪服を思わせる。彼女は恋人を亡くしたのかも知れない。
最初の旅が終わり、彼女とは別れてしまったが、私はその後、島根 鳥取 舞鶴 金沢 酒田 へと旅を続けた。
何かを探す旅ではない。私の傍らには常に彼女のイメージがあった。
途中何度か撮影を中断した。永遠の物語を作り出す事が不安だったのだ。
しかし彼女の旅は終わらない。
私が作り出したストーリーの中で永遠に旅を続けるのだ。
それは人々の心の中にある遠い日の幻影である。
I wanted to depict a universal story that is in the hearts of Japanese people using three keywords winter, north and journey that every Japanese would sympathize.
This is a love story.
At first, I was picturing a scene where a woman is walking endlessly in the snow.
The location is near the Sea of Japan with deep snow. We must get there by train.
She wears black clothes. Black clothing reminiscent of mourning.
She might have lost her lover.
In the winter of 2001, we headed to the first location Kasumi.
I parted with her afterwards but I carried on the journey to Shimane, Tottori, Maizuru, Kanazawa and Sakata.
This is not a journey looking for something. Beside me was an image of her all the time.
I took a break from shooting several times along the way.
I was anxious about making an eternal story.
I completed the project in 2013. 12 years has passed since the first shoot.
But her journey is not over.
She continues the journey forever in the story I created.
It is the illusion of youth that is in the minds of people.