sumahama

sumahama
2004年から2016年までの12年間、私は須磨の海岸に住んでいた。
夏は日本でも有数の海水浴場になる海岸も、冬場は釣り人や物好きなカップルくらいしか訪れる人はいない。春や秋には学生や家族連れが楽しそうに遊んでいる。
仕事の行き帰りに須磨駅の二階から海岸を眺めるのが日課になっていた私は、そこに様々な人間模様が展開されている事に気付いた。そしていつしか須磨海岸に来る人々を撮影するようになっていった。私の好きな場所はL字型をした防潮堤だった。そしてその防潮堤をバックに須磨駅の二階から俯瞰で撮影するのが、土曜日曜のルーティンになって行った。
12年前私はフィルムカメラを使っていた。デジタルカメラを買ったのは2011年だった。12年の間に私の道具はフィルムからデジタルに変わり、表現方法はモノクロからカラーに変わった。
しかしこのシリーズは殆どモノクロで撮影してある。またカラーで撮影したものもモノクロに変換してある。モノクロ表現によって物語に普遍性を持たせる為だ。
12年間のあいだに私は二度大病を患った。遠出が出来ない私は、カメラ片手に毎日海岸を歩いていた。また愛猫が亡くなったのもこの場所だ。ここに住んだ事により、特に変化のない穏やかな日常の重要性に気付いた。そして海岸に集まる人々を記録する事に意味を見出すようになっていったのだ。
このシリーズは私の亡くなった師、小山保の友人で敬愛する写真家植田正治氏へのオマージュであり、私や家族こそ写ってはいないが、非常にパーソナルなシリーズだと考えている。
2016年の秋、私は海岸から少し離れた場所に移り住んだ。しかし相変わらず須磨駅の二階を訪れている。今日はどんな人々が海岸にいるだろうか、などと考えながら。
Sumahama
For the last 12 years I had lived very close to the Suma Beach, where lots of people flock to in the summer while only a few people, just those who enjoy fishing or dating couples, are seen during winter. In the spring or autumn time, there are a bit more people like students or families who are enjoying themselves
Viewing the beach got into my habit on my way to and from work. Before long, I found that human relationships or interactions are happening there in various ways. On the weekend, I started photographing them from the second floor of the Suma Station. Shooting them against the L-shaped seawall has become my favorite angle.
My film camera turned into a digital one in the last 12 years. Along with that, I came to like color prints rather than monochrome. In Sumahama, however, I have stuck to monochrome as I believe it can add a universal aspect to stories.
For the same 12 years I experienced serious illnesses twice, which restricted my latitude of making a long trip, hence I was just hanging around the seaside with my camera every day. What is more, I lost my dear cat around that time. These experiences made me realize the importance of having an uneventful and peaceful daily lives and I came to see a deep meaning in photographing those people at the Suma Beach.
Sumahama serves as my homage to Shoji Ueda, a friend of my deceased mentor Tamotsu Koyama and a photographer whom I personally adore. I also consider this work as highly personal even though none of my family members are in the images.
I moved to a house a short distance from the Suma Beach in the autumn of 2016. I, however, still go to my shooting spot, the second floor of the Suma Station, wondering who will be at the beach today.