The Fragments of Regional Cities / CRYPTOGRAM

都市の断片
多くの地方都市、また大都会でさえ、その中心部、辺縁があらゆるレベルで崩壊している。都市を歩いていると、華やかな商業地区などは都市のほんの一部であり、ほかの大部分の場所はほとんど機能を果たしていないか、果たしていてもその慎ましやかな最後の時間を息をひそめて過ごしているにすぎない、という思いにとらわれる。都市はそこに住むものの気ままな動態によって、打ち捨てられたり、また壊されて新たに開発されたりする。1980年代、おびただしい量の鉄筋とコンクリートが運び込まれつくられた巨大な建物の多くが20−30年後の現在、廃れ、打ち捨てられている。人は飽きやすく、新し物好きで、気まぐれだ。

都市の病としてのコードはあちこちに見え隠れする。それは衰退と引き換えに都市に残されるものだ。暗号はタクシーのドアやビルの壁、普通の民家にさえ貼り付いている。それをあぶり出すのが私の作風だ。強いコントラストのイメージの中に、都市の暗号を表出させる。その暗号に見えるのは、人の社会が熟れた後に訪れる人のこころの崩壊の序曲なのだ。私は都市を撮る写真家だ。それは都市を読み解く試みでもあるし、都市に投げかける疑いでもある。都市は作られる。そして捨てられる。都市は栄え、多くのコードを残して滅びていく。それらのコードを探すことで、私は都市を解読しようとしているのだ。
cryptogram
Even in a big city also provincial cities, many, the center edge is collapsed at all levels. If you are walking the city, such as the gorgeous commercial district is only a small part of the city, where most of the other do not serve most, spent with bated breath the time of the humble last, even if it plays I caught up to think that, not only are. By unrestrained dynamics of those who live there, the city or newly developed and is also broken, or abandoned. Current of 20-30 years later, obsolete, have abandoned many of the huge building 1980s, made concrete and rebar of copious amount is brought. Easy to get tired, people are early adopters, it’s whim.

Code as a disease of the city glimpses here and there. That’s what is left to the city in exchange for the decline. Encryption is stuck wall of building doors and taxi, even ordinary houses. It’s style is my burn out it. In the image of the strong contrast I ooze the encryption of the city. Look to the cipher, it’s the overture of the collapse of the hearts of the people who visit after the society of people ripe. I’m a photographer to take the city. It is also an attempt decipher the city, and it is also the doubt cast on the city. The city is made. And I is discarded. The city flourished, we will perish, leaving a lot of code. By finding the code for them, I’m trying to decipher the city.